相続・遺言

相続は、一生のうち一度は必ず誰しもが経験することです。例え親族間であっても争いが絶えず、仲が良い関係であっても例外ではありません。そして、一度争いが起きると解決までに相当のエネルギーと時間、費用がかかることの多い分野です。従いまして、相続の解決はプロである弁護士に是非ご相談下さい。

当事務所では、相続発生後の相談としては、遺産分割協議、遺産分割調停・審判、遺留分減殺請求等の相談・代理業務を行っています。相続において遺言書がない場合は、法定相続人の協議により遺産分割を行いますが、事案によっては、単純に法定相続分による分割が困難なケースもあります。当事務所では、相続事件に経験豊富な弁護士が在籍していますので、的確な法的サービスをご提供できます。

また、親族間における争いを回避するための予防的措置として当事務所では、遺言作成の相談・サポート等を行っています。法的に有効な遺言書があれば、その遺言書のとおりに遺産分けられるため、後日の親族間の紛争を予防できます。また、遺言書作成の際には、遺言執行者の指定の必要性や遺留分にも考慮した上でアドバイスさせて頂きます。