知的財産権

日々技術革新が進む中で、企業にとって新技術、及び、それを保護する特許、実用新案、意匠、著作権等の知的財産権の重要性は一層高まってきています。これらの権利の取扱いに関しては緻密なリーガルチェックが必要ですが、他方、権利侵害事案等迅速な対応が必要となる場合もあります。

当事務所では、これらの場面における意見書及び契約書等の作成、並びに、交渉業務等により権利の保護・実現をはかり、企業活動をサポート致します。