パワハラ・セクハラ問題

事案例

当社のA部長は、勤務態度について幾度となく注意・指導を受けている従業員に対して、それでも態度が改善しないことから反省文を書かせ、それを従業員の前で読み上げるように指導しました。その後、当該従業員から「部長の指導はパワハラであり問題だ」と役員に通告がありました。

問題点

従業員に対する注意・指導の一貫で行っていることであっても、その限度を超えればパワハラとして違法と判断されるおそれがあります。また、近年パワハラ同様に問題となっているセクハラについても、言動をしている側にその気がなくても相手方がどのように捉えたか、つまりは相手方が不快に感じればセクハラと判断される危険性があります。

ご相談後の流れ

パワハラ・セクハラの問題で紛争を抱える前に、まずは使用者及び従業員の双方がパワハラ・セクハラについて正しく理解し、日頃の業務の中での言動を意識して気をつけることが重要となります。そこで、当事務所では、ご希望があれば、講師としてパワハラ・セクハラ等の問題について理解を深めて頂くための社内研修を実施させて頂きます。お気軽にご依頼下さい。

前の記事

就業規則について