弁護士に依頼するメリットは?
知人や親戚等とのトラブルや、請求の相手方との交渉、基礎となる情報量に差のある相手方との交渉・契約、あるいは借金の厳しい取り立てなど、日常生活や新しい契約を結ぶときのトラブルに一人で対応するのは、精神的にも時間的にもかなりの負担を伴います。弁護士は、これらの相手との交渉や話し合いをあなたに代わって行いますので、日常生活におけるわずらわしさから逃れられますし、よくわからないままに不利な契約を結んでしまうというような危険もありません。小さなことでも、お気軽にご相談いただければと思います。
秘密が漏れることはない?
弁護士には,法令上「秘密保持義務(守秘義務)」が課せられています。弁護士事務所の職員も弁護士の補助者として同義務を遵守しております。依頼者の方々の事件の内容については、決して外部に漏れることはありませんので、安心してご相談ください。
司法書士に相談するのと、弁護士に相談するのとでは、どういう違いがありますか?
弁護士と司法書士とでは処理できる事件の範囲が異なります。司法書士は請求の価額が140万円を超えない範囲における訴訟・調停・示談交渉等の代理人までしか引き受けることができませんが、弁護士は簡易裁判所以上(地方裁判所や高等裁判所、最高裁判所)での訴訟及び家庭裁判所での訴訟,並びに調停・訴訟外の示談交渉等の代理人になることができます。

たとえば、150万円の請求の裁判をするとなれば、司法書士は依頼者の代わりに裁判所へ行って弁論をすることができないため、依頼者がご自分で裁判所へ出向くなどしなければなりません。

また、弁護士は、種々の紛争を日常業務として取り扱っていますので、ご相談いただいた案件の背後にある法的問題についてもオールラウンドに解決方法をご提案させて頂くことが可能です。費用についても、弁護士は高額であるとの誤解を持たれている方が多いですが、諸般のご事情を考慮させて費用を決めさせていただいておりますので、お気軽に弁護士に相談頂ければと思います。
顧問弁護士って何?
例えて言うなら「主治医」のように、事業内容をよくわかってくれていて、悩んだり,困ったことがあればすぐ相談できる弁護士としてご契約いただくシステムです。顧問契約を結び、毎月一定の顧問料をお支払いいただくと、日常的に発生する問題について、いつでもご相談していただくことができます。事業者の方と顧問契約を結ぶことが多いですが,非事業者の方でも,財産管理等を定型的に行うことを内容とした顧問契約を結ぶことも可能です。

顧問料は、事業(業務)内容や企業の規模等に応じて決めさせていただいています。なお、相談のみで解決できず、裁判になる等事件に至った場合には、別途弁護士費用を頂きますが,その場合は,顧問関係であることを考慮した上での弁護士費用とさせていただきます。

お気軽にお問い合わせください。06-4706-1550受付時間 9:00 - 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。